家づくりの要は家事動線

自宅の気にいっているところは、家事動線が良いというところです。主人の両親との二世帯住宅を建築するということで、玄関や水回り等を各々の世帯に設ける形にしたのですが、建築面積の問題もあり必然的に削らなければならない所の方が多く、少し不満に思っていました。 しかし、家事動線の効率化を重視して設計を練っていくうちに、次第にその不満も解消されていきました。 毎日生活する上で、主婦が動きやすく仕事がしやすいということは、とても重要な役割を果たすということを、今さらながら痛感しています。 家事動線でストレスが無いので、二世帯住宅も上手く進行しているのだと思います。 南柏マンション売却査定.xyz